南の島のフィニッシングスクール

心と体を育む料理

沖縄県では朝食ぬきで登校する子や孤食をする子が他県に比べて多いそうです 琉球新報社主催の「子供の食を考える家庭料理セミナー」で小学校や中学校を訪ねることがありますが、その中で感激した一つが読谷村立古堅南小学校です。600坪もある畑で子供たちが野菜を育ててそれを給食にも利用していました。この畑は30年余の歴史があり、卒業生たちは後輩にあたる子供たちに会うと今何を作っているのという会話がかわされるほどだと校長先生が話して下さいました。

  農作業を通して食物が自分の口に入るまでをしっかりと見届けさせることで食物を作る方々の苦労が分かるような人に育てていらっしゃるのですね。
 さて、この料理セミナーでは私は料理の作り方だけでなく食事作法の話もしているのですが、最近は一汁三菜の基本的な献立が少なくなり子供の好きなカレーライスやタコライス等一皿ですむ料理が食卓に上がることが多くなったようです。これらの料理は肉の味、野菜の味、チーズの味など様々な味が一度に口の中に入ってしまいます。ときには簡便でよいのですがそればかりだと細やかな味覚が育たなくなってしまいます。それぞれの味をしっかり味わうにはまずご飯を中心にした日本の食事をしっかりとることが大切です。子供は大人以上に味覚が鋭いもの、そういう時期にしっかりと味わい方を教えていきたいものです。きちんとした献立の食事は味覚を育てると同時にそれを通して食の作法を身につけさせることもできるのです。
  沖縄県では朝食ぬきで登校する子や孤食をする子が他県に比べて多いそうです。子供の発育にとって食そのものだけでなく食事のときの団欒も大切。子供に寂しい食事をさせたくないものです。お母さんやお父さんがお子さんたちと楽しく料理をし、それを家族がそろっておいしくいただく。体と心を育むための料理づくりをお伝えしていきたいと思っています

                               琉球新報「南風」欄掲載【2010年10月25日(月)】