南の島のフィニッシングスクール

バッハのシャコンヌから沖縄の芭蕉布まで

荘厳ともいえるチェロの響きに心があらわれる≪今日の日記から≫

今日、西大学院でははヨーロッパで活躍しているカルマン・イムレさんによるチェロコンサートを開催しました。

イムレンさんはハンガリーのご出身で、現在音楽芸術大学で教鞭をとっていらっしゃいます。
今日はバッハのシャコンヌのクラシックから沖縄の芭蕉布まで数曲を力強く、そして繊細な演奏を聞かせて下さいました。もながしいようなチェロの響きに心が揺さぶられる思いでした。

コンサート終了後はイムレンさんを囲んで西大学院の卒業生がつくった料理で懇親会が開催されました。イムレンさんチェロやバイオリンを指導してもらうワークショップに参加した方々をはじめ40人余りの皆さんはきっと楽しいひとときを過ごしたことでしょう。


DSCF0681_R.JPGカルマン・イムレ氏

クリックすると拡大します。

DSCF0683_R.JPGカルマン・イムレ氏はハンガリーの出身
DSCF0690_R.JPGバッハのシャコンヌ
DSCF0695_R.JPG優雅な音色に・・・
DSCF0697_R.JPGチェロについて解説するイムレさん
DSCF0698_R.JPG芭蕉布を演奏
DSCF0701_R.JPG昼下がりのひと時は
DSCF0691_R.JPG優雅な音色とともに
DSCF0702_R.JPG演奏会の後はイムレさんを囲んでパーティー