南の島のフィニッシングスクール

我が国きってのハーモニカ奏者比嘉祥人さんのミニコンサート

クロマティックハーモニカの魅力

比嘉さんは2004年に、大きなハーモニカの大会「F.I.Hハーモニカコンクールでグランプリを受賞!、その後はアジア大会や世界大会に出場し2位という成績をおさめています。
今日はその比嘉さんを招いてのミニコンサートをしました。子供の頃買ってもらったこともあってとても身近な楽器で誰でも吹けて音が出せるので、少々マイナーな感じがしますが、今日の演奏を聴いてハーモニカに対するイメージがガラッと変わりました。ポケットに入る小さな楽器でありながらまるでオーケストラの演奏を聴いているようです。ピアニシモの繊細な音から伴奏のピアノの音もかき消すほどのダイナミックな音まで、音楽というものがこんなにも小さくて身近な楽器で奏でられるとは・・・・・・子供たちにも聞かせてやりたい、いつか機会を見つけて近くの小学校の子供たちに聴かせたいと思いました。演奏会終了後は料理とワインで懇親会をしました。とても素敵な一夜でした。

IMG_0747_R.JPG仕掛け人玉木弘一先生のあいさつ
IMG_0748_R.JPG半島芸術祭のテーブルを囲んで
IMG_0749_R.JPGいよいよ演奏です
IMG_0752_R.JPG演奏曲目もバラエティーにとんで
IMG_0753_R.JPG楽しみました
IMG_0755_R.JPG演奏後はワインと料理で歓談
IMG_0756_R.JPG楽しいひと時でした